使用塗料

塗料の性能について

塗料 特徴 耐久年数
ウレタン系塗料 コストパフォーマンスに優れ、全ての面でバランスのとれた性能をもっています。
現場での補修も容易にできるのが特徴
6~10年
シリコン系塗料 汚れ、色落ちに強く、また、塗料の発色性能が良いため見栄えがいいです。
耐久性、耐汚染性、防カビ性、防藻性などでウレタン塗料より高い性能があります。
8~12年
フッ素系塗料 耐食性、耐汚染性、耐候性、耐熱性、防汚性などの性能が他より格段に優れています。
価格は他の塗料より効果になります。
10~15年
遮熱塗料 熱をはねのけるため省エネ効果を発揮する塗料として、近年では人気です。

塗膜寿命が長く、ほとんどの遮熱塗料は15~20年の耐用年数と言われています。
メンテナンスの手間などを考えるととても理想的な塗料です。

15~20年

 

遮熱塗料のメリット

・節電効果がある
(遮熱効果により、室内温度を下げるので、光熱費がお得になります。)
・屋根や外壁の寿命が長くなる。
・ヒートアイランド現象の抑制

 

 

 

 

下塗り塗料について

下塗り塗料とは、現在施工してある塗膜やコンクリート等の下地の補強の役割や、上塗材と下地をくっつける接着剤のような役割を担っています。

方法 説明
さび止め 鉄部に発生したサビをこれ以上進行させないようにします。
シーラー 下地と上塗材との密着性の向上をはじめ、吸い込みムラの防止、下地補強などの効果があります。
微弾性フィラー フィラーとは目止めの意味を持ち、塗膜にわずかな弾性機能を持たすことにより、下地のわずかな歪みに追従してくれます。

 

塗りかえ周期

理想は

外壁・屋根が7~10年ほど、木部・鉄部・トタンなどで4~7年です。
立地条件や、施されてる塗料や素材の質によって違いがあるため、あくまでも目安です。

 

塗料が劣化してくると、こんな症状が出てきます。

・ツヤがなくなってきた
・色があせてきた
・触ると手に粉がつく
・汚れやひび割れが目立つ
・剥がれてきた
・カビやコケが生えてきた
・サビが出ている

このような状態が塗りかえサインです!

塗料は、紫外線や雨風、熱などから建物を守ります。
建物の身代わりになるために施されているという事です。
早め早めの定期的なお手入れが、建物を長持ちさせるコツです。

 

イチオシ防水塗料

超速硬化ウレタン吹付けシステム『リムスプレー』

(リムスプレーは、一般屋根防水をはじめ特殊屋根防水、駐車場や工場床など、豊富な工法を用いて、幅広いニーズにお応えしています) 【 特徴 】 ☆居住者に配慮した無溶剤タイプ

☆防水工法として補強布なしの密着工法が可能
☆一般のモルタルと比べ、はるかに優れた耐摩耗性を有します
☆硬化が速く非常に短時間で施工が可能です

 

 

 

止水材注入工法(ウレタングラウト工法)

雨漏り個所に直接注入し止水効果を図ります。
水と接触するとすぐに反応し、弾性に富んだ強靭なポリマーゲルを形成し、すぐれた止水性、防水性を発揮します。