止水材注入工事

止水材注入工事(ウレタングラウド工法)とは、

コンクリート構造物に発生したクラック等が原因で起こる漏水を止める工法です。(防水ではありません)

流動性が高いため、どんな小さなクラックにも注入でき、水と反応し硬化します。

漏水の原因箇所に直接注入するため、

短時間で止水することができます。